塩分控えめのドッグフードとは

オス犬に多い病気といえば「尿道結石」や「腎臓病」です。
尿道に結石が出来てしまうと、トイレの度に痛みを訴えるので、愛犬の姿に家族としても辛い気持ちになるものです。
実は、これらの病気にはドッグフードに多量に含まれる塩分が関係しています。

塩分は食欲増進効果があります

実はドッグフードには想像以上に多量の塩分が配合されている事があります。
なぜ、犬の食事に「塩」が必要かというと
  • 塩分を添加して、ドッグフードの味を濃く仕上げます
  • 濃い味の食事は、嗜好性が高まり、食欲がわきます
  • 塩辛い食事の後は喉が渇き、水を飲みたくなります
このような理由があります。
人間も、健康によくないとはわかっていても「塩辛いもの」「味の濃い物」を好んで食べてしまう傾向があります。
犬も同じなのです。

腎臓や尿道に負担が掛かります

塩分の過剰摂取は、腎臓や尿道の病気を引き起こします。
腎臓は摂取した塩分をろ過するために疲弊してしまい、尿道には結石が出来てしまいます。
その上、人間同様に犬も高血圧になり、心臓疾患も起こします。
つまり、塩分の配合は単に食欲増進効果があるだけではなく、その反面で大きなデメリットもあるのです。

塩分配合の有無は原材料表示で確認を

もし、日ごろ与えているドッグフードに「塩分」が配合されている場合、そのことは必ずドッグフードのパッケージ内の原材料表示欄に記載されています。
表記の方法は
  • 塩分
  • 塩化ナトリウム
と様々です。
しかし、本来犬の食事には塩分を添加する必要はありません。
食材に含まれている塩分だけで十分です。
この様な表記がある場合は、塩分配合の無いドッグフードへの切り替えを考えてもよいでしょう。
また、腎臓疾患や尿道結石の治療用療法食の中には。
水分接取量を増やす目的であえて塩分を添加している製品もあります。
このような製品を与える場合は、独断で給与量や給与期間を決めずに、獣医師の指示に従いましょう。