外国産のドッグフードは安全?

ドッグフードの銘柄数は年々増加傾向にあり、特に輸入製品のアイテム数がここ数年で急増しています。
輸入製品の大半は価格設定が高額で、高品質な証と称賛されることもありますが、一概に輸入品=高品質という図式が当てはまらないことを覚えておかなければなりません。

日本と異なる安全基準

ドッグフードに使用する原材料の安全基準には世界統一の基準やルールがありません。
その為、日本では使用が禁止されている薬剤や添加物が海外では禁止されていないこともあります。
原材料についても、犬の健康や栄養学を考え、牛の肉を使うことを当然と考える国もあれば、牛の皮や内臓、骨などを配合すれば十分と考える国もあります。
その為、一概に「輸入品」だからという理由で、高品質、高栄養、高い安全性という認識をもってはいけません。
以前、中国産の輸入ドッグフードを食べた犬が死亡する例が多発したことがありました。
多数の死亡報告を受け、ドッグフードを調査した所、犬の食事として適切ではなく、毒性をもつ成分が配合されていることが判明しました。
これは、中国と輸入した国とでドッグフードの安全基準が異なる事で起きた悲劇です。

輸入コストが上乗せされた価格設定

輸入ドッグフードの多くは、国内量販店で販売されている製品よりも価格設定が高額です。
マイナーな製品であればあるほど高額なため、中にはこの設定金額をもとに品質を判断している方もいるでしょう。
しかし、この価格には
  • 原材料の原価
  • 日本へ輸入する費用
  • 日本語表示のパッケージに変更する費用
  • 販売する為のコスト
の全てが加算されている事を知っておかなければなりません。
もちろん配達送料も加算されています。
つまり、たとえ高額な製品であっても、原材料表示を確認すると、動物性タンパク質を配合していない、安価な穀類ベースの製品という事もあるのです。
マイナーな製品は、輸入に関するコスト、手間暇が割高になるので、なおのこと原材料以外に加算されるコストが大きくなっているのです。
輸入ドッグフードを購入する場合は、原産国、原材料などしっかりと確認をしたうえで、購入を決めましょう。