開封後の缶詰ドッグフードの残りはどうしたらいい?

愛犬の食事で主食はドライフード、トッピングやレパートリーを増やすために缶詰を活用するというスタイルが実は大多数です。
特に小型犬の場合、毎食同じドライフードでは飽きてしまい、食べ残しが増えてしまいがちなので便利な方法でしょう。
また、ドライフードだけでは水分接取量が不足してしまうという理由から、缶詰を活用するケースも増えています。

開封後は、一食分量で冷凍保存

缶詰の開封後の保存には
  • 愛犬の一食分量で小分けにし、冷凍保存をする
  • 与える場合は、解凍し風味がもどる程度に加熱する
  • 色々な風味の缶詰をローテーションしながら与える
という方法がお勧めです。
特に輸入ブランドの缶詰は、一缶の容量が多く、小型犬であれば食べきるまでに数日かかる事もあります。
その為、小分けで冷凍保存をしておけば、品質の劣化はもちろんのこと、風味が消えてしまうことも防ぐ事が出来ます。

缶詰の内部はコーティングされていないことも

缶詰の中には、大容量でたいへん安価な製品もあります。
実はこの缶詰に使用する原材料やパッケージ表記に関しては、法的なルールが定められていますが、容器である「缶」そのものに関しては法的な基準が定められていません。
その為、安価なペット用缶詰製品の中には、缶の表面は劣化を防ぐコーティング処理が施されていても、缶の内部には施されていないことがあります。
缶を開封し、酸素に触れることで、内部で容器の劣化が起こり、成分がとけだし、ドッグフードに混入してしまうのです。
もちろん、眼に見える程ドッグフードが変色する事はありませんが、愛犬の健康を考えるうえで決して好ましい状況でないことは明白です。
また、容器内部のコーティングに関しての情報を確認する事も困難なので、缶詰は開封後、すぐに別の容器に移し替えることがのぞましいのです。

缶詰は嗜好性も高く、シニアでも食べやすい便利なドッグフフードです。
上手に活用し、愛犬の食べムラ解消に役立てましょう。