ドッグフードを吐いてしまった場合

一見元気に見えている愛犬が突然ドッグフードを吐いてしまった時、真っ先に考えるのは「動物病院へ連れて行くべき?」「病気の前兆?」ということでしょう。
犬が嘔吐してしまう理由には大きく2つのタイプがあります。
この違いをしっかりと覚えておき、適切な対処をしてあげましょう。

食べた物をもう一度食べようとする場合

犬が嘔吐した時、直後にその嘔吐物を食べようとすることがあります。
大変驚く行動ですが、この場合の嘔吐は全く問題のない症状です。
嘔吐してしまった理由は
  • 勢いよく食べものを食べてしまい喉に詰まった
  • ドッグフードを食べ過ぎてしまい、胃の中で一気に膨張し、不快感を憶えた
  • 大きすぎて、飲み込みがしにくいものを食べてしまった
などです。
一回吐き戻す事で、もう一度ふやけた状態でゆっくりと食べるのです。
この行動は、母犬が、自身が食べた物を直後に吐き戻し、子犬に食べさせる行動にもよく似ています。
犬があえてもう一度口を付けようとするという事は、体調不良で食欲がない、食べものを受け付けないという事ではないという証でもあります。
無理矢理片付けをする必用はないので、そのままそっとしておいてあげましょう。

病気を疑うべき嘔吐

もし、犬が嘔吐したものから遠ざかる、傍にはいるものの口をつけないという行動に出た場合は、何らかの不調のサインでもあります。
  • 食べものが体質に合わない
  • 脂肪分が多すぎて、胸やけがする
という場合もあれば、胃腸の不調で自分の意思とは関係なく嘔吐してしまっている事もあります。
また、食後数時間経過してから、未消化の状態でドッグフードを嘔吐する場合も何等かの不調を抱えているサインです。

嘔吐から脱水症状への進行

嘔吐の症状が一日数回、もしくは数日間続く場合は、早急に動物病院を受診しましょう。
嘔吐をすることで、体内の水分が過剰に排出されてしまい、脱水症状を引き起す場合があります。
病院で吐き気止めの処方や点滴の処置を受けておくと、病状の悪化をふせぐ事が出来、安心です。